社員研修で大きな成果を得るために

研修担当者が社内のコンセンサスを取っておくことです

社員研修は知識として学ぶ教育が多く、研修を終えた後、現場で学んだことを活かしていくのは各自の問題となります。従って、いくら研修を行っても、実践するのは本人次第となり、実行する者と、聞いただけという人に分かれてしまいます。これでは、いくら研修を行っても大きな成果を期待することは難しくなります。 このような研修を避けるためには、研修を担当する教育部は研修の前に社内のコンセンサスを取っておく必要があります。研修の目的と内容について、なぜこのテーマで今研修を行うのかを、各部署のトップに説明をしておかなければなりません。これは、研修を終えた後に、研修内容に沿って、実行してもらうための理解を事前に取っておく必要があるからです。

受講者の選定と講師は実務経験者を選ぶことです

研修のテーマに沿って対象者を絞ることです。これは行動を伴う研修のため、部署ごとに社員の行動が変わる場合は、同じ研修ではなく分けて受講をしてもらいます。現在の日常業務で変わらないもの、訂正するもの、追加するものが出てきます。 講師の選定は、厳密に行わなければなりません。社内と外部講師を選びます。社内講師は、日常の業務が変わることで、何が問題になるか、そのための対応策を説明してもらい、そのすべての対応窓口と責任を負って判断してもらいます。 外部講師は、研修内容に沿って現場で経験をした人を選定します。更に、業種と企業規模が同等レベルでなければ務まりません。講義の後に、受講者からは質問を受け付けますので、それに答えられる人物を選びます。